FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



ススキを見に砥峰高原へ...道中寄り道


昨日は、姫路から北に向かい、「ススキのパノラマ」を見に行きました。
目指すは、神河町の「砥峰高原」!
お馴染みの播但線沿いを北上するルートです。

スポンサーリンク



朝8;30に寮を出発。ここ数日は日を追うごとに寒さが増していきますね。
寒さのせいか、トイレも近くなってきたので、福崎駅の公衆便所に立ち寄り。
福崎町名物のカッパ君と、何故か縁側で将棋対決です。
福崎駅前 カッパと将棋


強い向かい風に打たれながら緩やかな上り坂を上がっていきます。
途中、新野の辺りで、こんなものも発見。
新野の水車
新野地区で元禄の頃から使われていた水車で、水路より高いところにある田んぼに水を入れる為に使っていたようです。
後ろに立つ柿の木、遠くで少しだけ色づいた山と秋の空がなかなかイイ感じです。


県道404号線を川沿いに走り、
砥峰高原RIDE 途中の川


長谷付近で、「砥峰高原へ左折」の標識。
砥峰高原への標識
ここからは坂も少しずつきつくなっていきます。


秋の里山風景を眺めながら
砥峰高原RIDE 里山風景
エッチラオッチラ、坂を上がっていくと、「猿の軍団」も出現。7~8匹くらいの群れでしたが、写真を撮る前に逃げられました。


トンネルをくぐり、長谷ダムの人工池も通過。
長谷ダムの人工池


いよいよ、坂も激しくなってきました。
そこかしこに、「勾配10%」の標識が続きます。
砥峰高原RIDE 勾配10%標識①


砥峰高原RIDE 勾配10%標識②


砥峰高原到着!...噂にたがわぬ大パノラマに感動!


特にラスト3㎞位はきつかったですが、12時くらいに無事目的地の「砥峰高原」へ到着!
砥峰高原 標識と撮影


坂を上がっている間は、体温も上昇していましたが、高原に到着すると、吹きっさらしの冷たい風で、結構寒いです。
腹も減ったし、まずは「とのみね自然交流館」へ。
とのみね自然交流館


名物「猪肉入りぶっかけうどん」(500円)で腹ごしらえ。。。。温まります。
猪肉入りぶっかけうどん
腰のあるさぬきうどんに、猪肉だけでなく温玉も入り、刻みのり、ネギ、あげ玉はかけ放題。なかなかのコスパです。


館内には、高原内の案内やビューポイントが紹介されています。
ここは、その絶景ぶりから、「ノルウェイの森」「大河ドラマ 平清盛」「大河ドラマ 軍師官兵衛」「信長協奏曲」などの、映画、ドラマのロケで使用されたそうです。中でも「ノルウェイの森」はかなり推してますねえ。
砥峰高原 ノルウェイの森、平清盛の紹介ポスター


外に出て、高原を散策します。
バイクは、道沿いのウッドデッキまで。感動のパノラマです!
砥峰高原 デッキから


柵の中に入ると、中は面積約90ha。西日本有数のススキ高原が広がります。
展望台まで行って帰ってきて1周3.1㎞のハイキングルートになっていますが、SPD-SLシューズで歩きづらいし、風も寒いので、近くを回っただけで我慢です。
黄金色に輝き、強風にたなびくススキがなんとも味わいがあり、時間を忘れます。
砥峰高原風景①


砥峰高原風景②


砥峰高原風景④


「ノルウェイの森」の撮影場所も。
砥峰高原風景③
なかなか、イイ感じです。
まさに、「ノルウェイの森」の世界ですね~


、、、、とか何とか言って、実は、、、


映画も、原作も見たことないので、さっぱりわかりませ~ん!(笑)。


でも、こんな素敵な風景で繰り広げられる作品、見てみたいですね~。今更ですが、今度原作を読んでみようと思います。
...因みに以前にも紹介しましたが、著者の村上春樹さんは、意外にも結構ガチなアスリートです。(「走ることについて語るときに僕の語ること」、、、僕も「ハルキスト」になろうかな。参照)


災いはある日突然やってくる...帰路にとんでもないアクシデント!


もう少しゆっくりしていたかったところですが、あまりにも寒いので帰路へ。


帰りは、ずっと下り坂基調。30~40㎞/hくらいの速度であっという間。
福崎町を過ぎ、国道312号線を通り、順調に姫路市に戻ってきました。
この辺りは、道幅の割に車の交通量が多く、なかなか怖いです。
車にビビりながら、車道の端を走っていたら、、、、、


突然、ガシャーン!


大転倒です!


車道と歩道の間の微妙な段差
砥峰高原RIDE 帰路のコケ現場
に気づかず、前輪が跳ね飛ばされ、右側、つまり車道側に激しく転倒してしまいました!


とっさのことでしたが、右の大腿部を中心に腰、脇腹辺りが地面に当たり、それと右のハンドルと手も地面で擦りました。
特に右大腿部の打撲が痛いです。そして、結構スピードも出ていたのでアスファルトで豪快に擦りました。
大腿部の痛みに耐えながら、何とか寮に帰着。
総距離104㎞。感動とまさかの衝撃のライドでした。
砥峰高原RIDE ルート図


寮に帰ってから、改めて確認すると、、、


右大腿部には痛々しい擦り傷。
右大腿部擦り傷


グローブには手のひら部に大きい穴。
グローブに穴


右ハンドルのバーテープもボロボロ。
右ハンドル バーテープボロボロ


raphaのジャージ、ジレ、ビブショーツにも穴。
raphaジレ&ジャージに穴


rapha ビブショーツに穴


ジャージとジレは、この間、買ったばかり(僕のバイクトレーニングの服装④~「Rapha」のジャージ&ジレ、買っちゃいました!参照)なのに、、、、(泣)
「無償のリペアサービス」ってのに出してみようかなあ、、、


幸い骨折とかはしていないようですし、バイクもハンドルを擦ったくらいで、他に損傷や不具合も無さそうです。
手、脚、脇腹もウエアやグローブで覆っていなかったらもっと大変なことになってました。
自分の身体で大事なバイクを守り、身体をウエアやグローブが守ってくれたって感じです。
頭をぶつけたり、後続の車にはねられたりということが無かったのも、不幸中の幸いでした。


それにしても歩道と車道の間の微妙な段差、怖いですね~。
皆さんも、気をつけましょうね~。


最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/13 (Mon) 07:33 | EDIT | REPLY |   
まっさん  
Re: タイトルなし

ありがとうございます。
ケガはまだ痛みますが、大事にはならなくて幸いでした。
機会があれば、ぜひご一緒したいですね!

2017/11/15 (Wed) 17:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply