FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



ある日突然、ペダルのクリートが、、、


あるライドの時。
ちょっと歩きまわってから、「さあ出発!」と、
バイクにまたがり、右足のペダルにクリートをカチャッと固定。
続いて、右足をこぎだしてから、左足のペダルにクリートを固定しようとしたところ、


スカッ


クリートが全然はまりません。


足の裏を見てみると、、、
SPD-SL クリートのねじがとれた


ボルトが2つふっとんで、クリートが回転していました!

スポンサーリンク



あちゃー、、、、その日は、家までの距離もわずかだったので無難に帰宅。
さてどうしたものか?


左右のクリートを並べるとこんな感じ。
SPD-SL 旧クリート左右比較
やはり、左足のほうが着地する機会が多いので減りが早いですね。


今のクリートは、昨年秋にSPDからSPD-SLに切り替えた際に取り付けたものです。(ロードバイクでトライアスロン8~遅まきながら、ペダルをSPD-SLへ~参照)
まだ、黄色い箇所が残っているのでボルトさえ買えばまだ使えそうかも、、、


でも、最近、今の黄色のクリートが少し不満だったのです。
というのも、ライド中やクリートをはめたり外したりするときの「遊び」が大きくて何かしっくりこないんですよね。
もうちょっと、もう少しパチッと固定されているほうがいいなと考え、この機会にクリートを替えることにしました。


SHIMANOのSPD-SLクリートは3種類


僕が現在使っているSPD-SLクリートは、シマノの「SM-SH11」という黄色いタイプ。
シマノからは、黄、青、赤の3種のクリートが発売されていますが、この黄色が一番「遊び」の大きい初心者向けになります。


「遊び」の数値を示す、「フローティング角度」は、黄で3度、青で1度、赤で0度。
つまり、「遊び」の大きさ順でいうと、黄>青>赤となり、「遊び」が大きいほど初心者向けです。黄と青の「遊び」の違いは、黄はクリートの中心、青はクリートの前のほうで回転することにより遊びを付けているようです。また、赤は全く遊びがありません。


個人的にはなるべく「遊び」がなくダイレクトに力が加えられるほうのが好みですが、全く「遊び」がないと、ポジション、ライディングフォーム、クリートの位置がちゃんとしていないと、脚の故障の危険もあるらしいです。
(詳細は、コチラのサイトを参照させていただきました。⇒シマノのロード用クリートは3種類。その違いをご存知か?


、、、ということで、今回は中間の青SPD-SL クリート SM-SH12)に買い替えることにしました!
SPD-SLクリート 青


SPD-SLクリートの交換作業


それでは、SPD-SLクリートの交換作業開始です。
今回の作業もこの「新版 誰でもできる自転車メンテナンス」(自転車乗るならまずこの本を一冊、、、、「誰でもできる自転車メンテナンス」参照)が大活躍です。
誰でもできる自転車メンテナンス
まさに「一家に一冊」モンですね(笑)。


まずは、古いクリートのボルトを六角レンチで緩めて、外します。
SPD-SLクリート 古いのを外す


新旧並べるとこんな感じ。
SPQD-SLクリート 新旧並べた


続いて、新クリートの取り付け。
あらかじめ、ボルトにはグリースを塗っておきます。
SPD-SLクリート交換 ボルトにグリース


次に、クリートの3か所の溝に金属のプレートを入れ、ボルトで仮止めします。
SPD-SLクリート ボルトで仮り止め


つま先と踵のラインが一直線になるように調整します。
SPD-SLクリート つま先と踵のラインに一直線にする


ここからが重要です。
クリートの前後位置の調整です。
目安は、「母指球(親指の付け根)と小指球(小指の付け根)を結んだ中心がクリートの中心になるように」です。


母指球はここ。
母指球


小指球はここ。
小指球


この2点を結んだラインの中心がクリートの中心になるように、、、
足裏と靴底
、、、、と言っても、靴底がシースルーになっているわけでもなく、若干「エイヤー」のところはあります。


「この辺りだろう」ってところで固定してみて、実際にペダルに嵌めてみて
SPD-SLクリート交換 ペダルに装着
ペダル軸と母指球の位置が合っていればOKです。


位置が決まったら、ボルトを本締めして、完成!
SPD-SL 新クリート


乗ってみた感想は、、、
やっぱり、イイですね。だいぶ「遊び」がなくなりました!
こちらの動きにダイレクトに反応してくれて小気味よく、以前のようなストレスも感じません。
クリートのランクアップ、大正解でした!


因みに、クリートのボルトはよく緩んでくるので、定期的に増し締めしたほうが良いようですね。
以後、気を付けます!






※「SPD-SL クリート SM-SH12」は、こちら。



※「新版 誰でもできる自転車メンテナンス」は、こちら。



最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply