FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



「40代のうちにサブ3.5チャレンジ」3本勝負、第1戦!


昨日は、「福知山マラソン」に参加してきました。


40代のうちにサブ3.5チャレンジ」、3本勝負の第1戦目です。


前日まで、天気と気温が心配でしたが、会場に着くと青空も見えるし、気温も思ったほど寒くないです。
福知山マラソン 会場入り


なので、今日の服装は、上は半袖Tシャツ+アームカバー+グローブ、下はハーフタイツ+ショートパンツ+カーフサポーターでいきました。

スポンサーリンク



今回の作戦は、ここ数ヶ月トレーニングしてきた、小出監督の著書「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)」(目指せ、「サブ3.5!」⑨~マラソン教本「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン」参照)を参考にペース配分を組みました。
30キロ過ぎで一番速く走るマラソン


前半は、10kmまでを5‘10“/km、20kmまでを5’00/kmに抑え、後半からは35kmまでを4’50”、あとは4’40“/kmに上げますが、最後の1kmで登り坂が待っているらしいのでその分ペースダウンし、トータルでは「3h29’12”」っていう計算です。
福知山マラソン ぺ―スプラン


ここ数ヶ月のトレーニングの感覚からしたら十分達成できるだろうと、結構自信満々で臨みました。


スタート位置は、事前に確認してある「予想タイム」で割り振られているようで、僕はCブロック。まあまあ悪い位置じゃないと思います。
福知山マラソン スタート直前


想定通りのレース展開!、、、こりゃあ、イケるぞ~


スタート直後は、三段池公園から下りる下り坂。飛ばしすぎないように慎重に行きます。
その後もだいたい5‘05“〜5’10”/kmに抑えながら走ります。


福知山市街を回ったあと川沿いを北上しますが、この辺りから、小雨と冷たい向かい風。
太陽が出ている間は暖かいですが、こうなるとちょっと寒いです。
先行者を風除けに使ったり、アームカバーを上げ下げし、体温調整しながら、だいたいイメージ通りのペースで進んでいきます。
暑いよりも、このくらい肌寒いくらいのほうが走りやすいですね。
それに小雨が降るくらい湿り気があるほうが喉も乾かず、給水もそんなにこまめにしなくても大丈夫。
途中、行く手にきれいな虹も出てきました。何とも美しい!


中間点も1h47‘00“位で通過。これまた想定通り。身体も余裕あり。


コリャ、マジでいけるぞ〜!


20kmから、4’50”/kmにペースアップ。
身体は相変わらず絶好調!
この辺りから、前半飛ばし気味だった人たちがペースダウンしてきたので、気持ちよく抜いて行きます。


一方で、、雨は少し強くなり、冷たい風の影響もあり身体がだんだん冷えてきました。


悲劇は突然。またしても、あの「壁」が、、、


そして、30kmの少し手前に来た時、、、


ピクッ!


右ふくらはぎが、急にピクピク言いだしました。


ヤバイ!またか?


スタミナも心肺も余裕だが、ふくらはぎがつってペースダウン」、、、、僕の「あるあるパターン」です。
今までもこれで何回泣いた事か?
今シーズンはふくらはぎではなく太腿やお尻を使った走りにフォーム改造しました。(目指せ、「サブ3.5」!⑪~ランニングフォームと脚の故障~参照)長距離トレーニングでもふくらはぎが痛くなることはなくなったので、克服できたと思っていたんですけどね。


何故なんだ?!

、、、後半になって結構寒くなったので筋肉が硬直したか?

、、、あまり喉が乾かなかったので給水をこまめにしなかったからか?

、、、いや、やっぱりまだまだふくらはぎに負担のかかっているフォームなのか?

、、、それとも、そもそも普段からふくらはぎの筋トレをしっかりやるべきなのか?



色々考えてしまいますが、とにかくこの状況を何とかしないと、、、
ピッチを狭め、いつも以上に「足を蹴らずに置く」イメージを意識し、だましだまし走ります。
それでも、周期的に襲ってくる、筋肉の引き攣り。
そしてその周期は確実に短くなっていきます。


沿道のあちらこちらで、地元のボランティアの皆さんが、「エアサロンパス」サービスをしてくれていましたので、ありがたく利用させてもらいました。コレ、泣けるほど嬉しかったです。皆さん、ありがとうございました!


ペースは、すっかりヘロヘロ。5'10"/㎞、5'30"/㎞、、、徐々にペースは落ちていき、中盤に抜いた皆さんにどんどん追い返されていきます。


クソ〜!
まだスタミナは全然あるのに〜(泣)



35km時点で、すでにタイムは3時間を過ぎています。既にペースは6’00”/㎞位まで落ちてきました。
ダメだ、コリャ。

…心、折れました。


あとは、とにかく無事にゴールにたどり着く事だけを目指し、何とか走ります。


そして、ゴール!



タイムは、グロスで3h45‘42“、ネットで、3h44’45”。
福知山マラソン 記録証


…「サブ3.5」はおろか、昨シーズンの「世界遺産姫路城マラソン」で出したPB(3h36‘16“)にも及びませんでした(泣)。


今回も、「30㎞の壁」を越えることは出来ませんでした。
改めて、1㎞毎のペースを見ても、30㎞付近からの急激なペースダウンがはっきりと分かります。
福知山マラソン 1㎞毎ペース①


福知山マラソン 1㎞毎ペース②


福知山マラソン 1㎞毎ペース③


ふくらはぎ以外は余裕だっただけに、本当に残念です。


クソ〜!ふくらはぎ~!


でも、めげませんよ~。
元々、この第1戦「福知山マラソン」は「身体馴らし」と位置付けていましたからね。
目指せ、「サブ3.5」!5~毎年お約束の「神戸」、「大阪」ダブル落選、、、「福知山」「加古川」狙いへ!参照)
そして今年の本命は、1か月後に控える第2戦「加古川マラソン」。
それまでに、この「ふくらはぎ対策」をどうするか?これが成否のカギになりそうです。


それにしても、「福知山マラソン」は初めての参加でしたが、コースも走りやすく、沿道の皆さんの暖かい声援やサポートもよく、とても良い大会でした。
福知山マラソン ルート図


事前の情報では、「会場のトイレの数が少ない」って聞いていましたが、今年はその辺は改善されたのか、仮設トイレでしっかり対応していましたよ。
また、出場したいですね。
福知山マラソン 記念撮影






※「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法」は、こちら。











最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply