FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



ロードレース小説「スティグマータ」を読みました。
スティグマ―タ


近藤史惠さんの、ロードレースを題材にした「サクリファイス」シリーズの最新作で、第1作「サクリファイス」、第2作「エデン」、第3作「サヴァイヴ」、第4作「キアズマ」に続く、第5作目になります。

スポンサーリンク



第4作「キアズマ」では、これまでと違って、舞台が大学の自転車部になっていましたが、この第5作では再びプロロードレースの世界が舞台になり、シリーズを通じて一番登場の多い、「チカ」こと、白石誓が再び主人公。第2作「エデン」で、若くして世界に飛び出し、「ツール・ド・フランス」でチームのアシストとして活躍していた彼も、既に5年経ち、この第5作では30歳。プロロードレーサーとして、徐々に肉体の衰えを感じ始める域に入ってきています。


このシリーズ、毎回、タイトルに何らかの意味深なメッセージがありますが、今回のタイトルは「スティグマ―タ(stigmata)」。


これは、「汚名、恥辱、聖痕(こん)」と訳される、「stigma」の複数形。今回初登場のキャラになりますが、ドーピングの発覚で失墜したかつての世界的英雄であるメネンコが、「ツール・ド・フランス」に復帰してきます。「ネタバレ」になってしまうので詳しくは書きませんが、その辺りがタイトルの意味になってきます。


そして、そこに第1作「サクリファイス」で同じチームに所属していたスプリンター、伊庭も世界に参戦してきます。
また、第2作「エデン」の登場人物ミッコ、二コラも出てくるのも、うれしいところです。


このシリーズ、レースを転戦する選手たちの、レース中の駆け引き、レースの合間の生活等、臨場感ある雰囲気を味わえます。
また、相変わらず主役にも関わらず、ゴリゴリでなくキャラの薄い、「チカ」が何ともいい味を出しています。
そして、ラストの展開も、期待通り楽しませてくれました。


安定の「サクリファイス」シリーズ、面白いですよ~!
自転車乗りの方には、おすすめです。
、、、第6作も出してくれることを期待します!






「スティグマータ」は、コチラ。



歴代の「サクリファイス」シリーズはコチラ。











最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply