FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



ここ数日ですっかり暖かくなり、いよいよ春本番。
ライディングには絶好の季節になってきましたね。


ところで、現在僕が使っているバイク用のビンディングシューズは、「SHIMANO SH-TR32」。
シマノ SH-TR32


トライアスロンのレース用に裸足でも履けるシューズですが、着脱がしやすいようになっている反面、バックルの締め付けが物足りなく、また通気性や水はけを重視したメッシュ素材の為、雨降りや寒い時には不向きです。
ロードバイクでトライアスロン9~裸足で履けるシューズ~参照)
なので、普段のロングライドやトレーニング用のバイク用のニューシューズを買いたいなと考えました。


やや幅広甲高気味で日本人的足形の僕には、日本メーカーであるシマノは足に合うのですが、デザイン的な面ではやはりちょっと満足度が足りないです。せっかくなので海外メーカーもイイのが無いかなと色々調べました。

スポンサーリンク



ネット情報を見ると、海外メーカーのビンディングシューズで日本人の足形に合うものとして良く上がってくるのが、「SIDI」のメガサイズ、「Fizik」のボリュームコントロールフィットモデル、「NORTHWAVE」辺りです。何れもイタリアのメーカーですが、さすがにどれもデザインはカッコいいですね~。


この中で、価格面、デザイン面的に候補に挙がったのが、「SIDI(シディ) GENIUS 7 MEGA 」と「Fizik R4B」。
実物に触れてみたかったし、実際に試着したうえで買いたかったのでバイクショップに行きました。何軒か回りましたが、残念ながら「Fizik R4B」は無し。一方、「SIDI Genius7」は、メガサイズもノーマルサイズもありました。


僕の足は、以前アシックスさんで測定してもらったデータでは、左足が足長27.5㎝、足囲26.7㎝、アーチ高5.1㎝で推奨サイズは27.5㎝の3E、右足が足長27.6㎝、足囲26.5㎝、アーチ高5.7㎝で推奨サイズは28.0㎝の2E 。(理想のシューズ選びのヒントに、「アシックス 足型計測サービス」参照)


ただし、これはランニングシューズの場合です。ランニングシューズは、走る時のずれを考慮し捨て寸の余裕を持たせて長めになります。僕の場合ランニングシューズ「アディゼロジャパンブースト3」は、試着した結果、29㎝を履いています。(、、、デカツ!)


一方で、ビンディングシューズの場合は、ペダリング中に前後にずれないようにピッタリ目の長さが良いようです。目安は足をシューズのつま先側に突っ込んだ状態で人差し指がギリギリ入る感じ。また横幅も若干伸びるので大きすぎるのは良くないようですね。ネット情報によると、「特にSIDIは馴染みが出やすいので指先が触れないギリギリで選んだほうが良い」というコメントもあります。


「SIDI」のサイズは、44で27㎝、45で27.5㎝、46で28㎝なのでこの辺りのサイズがターゲットになってきます。本来は44.5サイズもあるそうですが、お店では取扱していませんでした。


ということで試着してみます。まずは、45のノーマルサイズ。幅はイイ感じですが、長さが余裕ありすぎです。
次に44のノーマルサイズ。今度は長さは良いですが、甲が何とも窮屈です。
そして、44のメガサイズ。


おおっ、、、バッチリです!


さすがメガサイズ!
因みにメガサイズはノーマルサイズに比べ母指球部分が4㎜広いそうです。さらに甲部分も高く、かかと部分も広くしているそうです。


「Fizik R4B」も試してみたかったのですが、実物がないのでどうしようもないです。それに「SIDI Genius7」のデザインが気に入ってしまいました。


また、店員さんによると「SIDI」は耐久性にも優れていて、かかと部分のラバーヒールやバックル等も交換できるので、長く使えるらしいです。「ひとり旅」で行く先々でウロウロ歩く事の多い僕にとっては、かかと部分がよく減るので、うれしい機能です。
そして、デザイン的にも、この「SIDI Genius7」の「ブラック/イエロー」カラーが、色もキャッチ―でウエアとのカラーコーディテートもバッチリ。


よし、これで決まりだ!


、、、、しか~し!


、、、メガサイズの「ブラック/イエロー」が無い!


残念ながら、この店ではメガサイズは「ブラック/ブラック」カラーしか取り扱っていないのです。
ノーマルサイズなら「ブラック/イエロー」があるんですけどね~。他にも数店舗回りましたが、同様に取り扱いなし。


しかし、もう僕の気分はすっかり、「SIDI Genius7」の「ブラック/イエロー」モード。


、、、こうなりゃあ、頼みの綱はネット通販。


、、、ありました!「SIDI(シディ) GENIUS 7 MEGA 」の44サイズ!。税抜き価格で16,850円。「取り寄せ対応」ですが、迷わずポチリ。
2日ほどで「入荷あり」の連絡があり、その後ほどなくして届きました。
SIDI GENIUS7MEGA 箱


箱を開けると、出てきましたよ~。
SIDI GENIUS7MEGA 両足


早速、履いてみます。
SIDI GENIUS7MEGA 履いてみた①


イイ感じですね~。既に試着で確認はしていますが、履き心地もgoodです。
SIDI GENIUS7MEGA 履いてみた③


バックルのストラップは、このレバーをカチカチ起こすと段階的に締まります。
SIDI GENIUS7MEGA ストラップを締める


緩める場合は、こっちのレバーでカチカチ緩めます。
SIDI GENIUS7MEGA ストラップを緩める
走行中でも簡単に微妙な締め具合の調整が可能ってわけです。


そして、ストラップを外すときはこの赤いレバーを起こします。
SIDI GENIUS7MEGA ストラップを外す


ベルクロ部分の、この赤い部分は緩みを防ぎ、しっかりと締めてくれます。
SIDI GENIUS7MEGA ベルクロのロック


柔らかく熱整形されたストラップはフィット感を高め、全面を均一な力で締め付けてくれます。
SIDI GENIUS7MEGA 熱整形されたストラップ


バックルの反対側も調整や取り外しが可能なので、ストラップが足の中央に来るように調整したり、ストラップが劣化したら交換も可能です。
SIDI GENIUS7MEGA バックルの反対側 取り外し可能


補強されたヒールカップはペダリング時の足を最適な位置に保持し、大きな力がかかった際の変形を防ぎます。
SIDI GENIUS7MEGA ヒールカップ


ポリウレタン製のヒールパッドは、滑りを防止し歩行しやすくしてくれます。また、ヘタってきたら交換できます。
SIDI GENIUS7MEGA ヒールパッド


ソールは、「ミレニアム5ソール」と呼び、以前のモデルよりカーボン繊維の含有率が増え、剛性が増したそうです。耐久性、耐候性ともに優れ長期の使用による変化にも強いとのことです。
SIDI GENIUS7MEGA ソール


それにしてもカッコいいですね~
SIDI GENIUS7MEGA 履いてみた②


さすが、イタリアもんはデザインが痺れますね~。
いや~、いい買い物しました!
次のライドが楽しみです!






※「SIDI(シディ) GENIUS 7 MEGA」は、こちら。



※通常サイズの「SIDI(シディ) GENIUS 7」は、こちら。




最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply