FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク

(まっさんの男ひとり旅⑯~せとうち編その1... 感動の「サイクリストの聖地 しまなみ海道」~ からの続き)


「しまなみ海道」のゴール、今治まで


この週末に行った、せとうちライド2日目です。2日目は、「しまなみ海道」の残り区間(大島〜今治)を走破した後、愛媛県の海岸線を走る「はまかぜ海道」で松山・道後まで行きました。


充実の朝食
しまなみ海道ライド 瀬戸内荘 朝食
を済ませた後、朝7:30に出発。


この「瀬戸内荘」はポンプや工具類も完備していて、サイクリストには大変助かります。
しまなみ海道ライド 瀬戸内荘のポンプと工具

スポンサーリンク



朝一番で向かったのは、しまなみ海道随一の展望と言われる、「亀老山展望公園」。
まだウォームアップできてない状態から、いきなりの坂は、結構応えました。
しかしその甲斐あって、ご褒美の大パノラマ。
しまなみ海道ライド 亀老山展望公園①


しまなみ海道ライド 亀老山展望公園②
海の上のあちこちに点在する小島、今治の方まで伸びる「来島海峡大橋」。
朝の静けさの中、その絶景に思わず息を呑みます。


絶景を堪能した後は、先程遠方から眺めていた来島海峡大橋を渡ります。、
しまなみ海道ライド 来島海峡大橋をバックに


しまなみ海道ライド 来島海峡大橋の上


来島海峡は、潮の流れが速いです。うず潮もチラホラ。
しまなみ海道ライド 来島海峡の潮の流れ


そして、ついに今治に入り、「しまなみ海道」は終了。
しまなみ海道ライド サンライズ糸山


今治では、「今治城」、
しまなみ海道ライド 今治城


今治タオル本店」、
しまなみ海道ライド 今治タオル本店 店内


しまなみ海道ライド 今治タオル本店 機械


ジャイアントストア今治」にだけ、立ち寄りました。
しまなみ海道ライド ジャイアントストア今治


「ジャイアントストア今治」は、今治駅を出てすぐの高架下にありましたが、ここもレンタサイクルを借りる人で大賑わいでした。
しまなみ海道ライド ジャイアントストア今治でレンタサイクルを借りる人たち


今治から「はまかぜ海道」で松山・道後まで


今治からは「しまなみ海道」を離れ、「はまかぜ海道」を通るのですが、こちらはしまなみ海道みたいに道案内があまり整備されていません。おかげで今治から出るのに何度も道を間違え、結構タイムロスしてしまいました。


それでも、何とか海岸線に出て、綺麗な海を眺めながらマイペースで走ります。
遠くに来島海峡大橋も見えます。
はまかぜ海道ライド 遠くに来島海峡大橋


最北端の「大角海浜公園
はまかぜ海道ライド 大角海浜公園
に付いた後は反対側に向けて南下。


「しまなみ海道」に比べて、人は全然少ないですが、景色は気持ちいいし、アップダウンも少なく、快適に走れます。
途中からは、しまなみ海道のような道案内が出てきて、「松山まで◯km」と分かるようになってきました。


途中、「星の浦海浜公園」のウッドデッキで休憩。
はまかぜ海道ライド 星野浦海浜公園


この時期は、水の透明度も高いです。
はまかぜ海道ライド 星野浦海浜公園 水


「いで湯と城と文学の街」松山・道後を駆け足で


そして、13時半頃に松山に到着。
16:28に帰りの特急を予約しているので、滞在時間は3時間程度です。
まずは昼メシと思いましたが、どこの店も観光客で行列!松山、なかなかの人気です。


何とか入れたのがこちらのお店。「笑姫キッチン ef」。
松山・道後 笑姫キッチン ef


ここの売りは、B級グルメを中心に、愛媛のご当地の味が色々楽しめるって所。僕が頼んだのは、今治焼豚玉子飯、しまなみ鯛だしラーメン、今治鉄板焼鳥、せんざんきのセット。
松山・道後 今治焼豚玉子飯など
因みに「今治焼豚玉子飯」は、先日開催された「B1グランプリ 明石大会」でグランプリを受賞したらしいです。玉子の黄身が、チャーシューの甘ダレと交わって、絶妙な味です。


そして、この店、蛇口からオレンジジュースが出ます。流石、「みかんどころ」愛媛県!ランチを頼むと1杯サービスです。
松山・道後 蛇口からオレンジジュース


昼メシが終わった時点で既に時計は14時過ぎ。松山は見どころ満載ですが、ポイントを絞って駆け足で回ります。


まずは、「秋山兄弟生誕地」。
松山・道後 秋山兄弟生誕地


そして、「坂の上の雲ミュージアム」。
松山・道後 坂の上の雲ミュージアム


秋山兄弟とは、松山が産んだ「日露戦争の英雄」、秋山好古と、
松山・道後 秋山好古像


秋山真之の事です。
松山・道後 秋山真之
そして「坂の上の雲」は、この二人と、同じく松山出身の俳人・歌人、正岡子規を主役にした、司馬遼太郎の歴史長編小説です。
私、「司馬遼太郎フェチ」、「歴史フェチ」なもんで...


お次は、「松山城」。


松山城は、勝山山頂にある平山城で、ロープウェイ又はリフトで上がります。
松山・道後 松山城のリフト


築城したのは、「賤ヶ岳の七本鎗」の一人である加藤嘉明。
松山・道後 加藤嘉明


全国で12城しかない現存天守のひとつです。規模は小さいですが、姫路城と同じく、大天守と小天守所とでなる「連立式天守群」はなかなか渋いです。
松山・道後 松山城天守閣


石垣も壮麗で雄大。
松山・道後 松山城の石垣


松山市街も一望です。
松山・道後 松山城から市街を眺める


私、「城フェチ」なもんで...


...興味の無い人にはつまらん話なので、この辺にしときます。


松山城を見終わった段階で、時計は15:45。
残る時間は45分!


ここまで来て「道後温泉」をスルーするわけにはいかない!
松山からは少し離れていますが、猛ダッシュです。


道後温泉駅から「道後温泉本館」にかけて、観光客で大賑わいです。
松山・道後 道後温泉本館


松山・道後 機関車


「もう少しぶらぶらしたかったなぁ」と後ろ髪を引かれつつ、松山駅へ。
駅に到着したのは出発12分前!
速攻で輪行パッキングしてギリギリセーフで、特急に乗り込みました。
松山・道後 松山駅


帰りは、松山から岡山まで特急「はまかぜ」で2時間40分、岡山からは新幹線で姫路まで30分。
帰りも最後列シートを確保し、バイクは輪行たて積みでいい感じで収まりました。
松山・道後 はまかぜ号車内 輪行


最後は駆け足になりましたが、2日目の行程も終了。何気に103kmのロングライドになりました。
しまなみ海道ライド 2日目ルート


初日と合計すると、総距離176km。
充実の、「初せとうちライド」でした。


しまなみ海道は、意外に気軽に行けるのがわかったので、またルートを変えてチャレンジしたいです。
また、松山はあまりにも端折り過ぎたので、今度は松山で一泊してゆっくりと観光したいですね〜


最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply