FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



4月に入り、いよいよ6月の「びわ湖トライアスロン」に向けて、トライアスロントレーニングに力を入れていきます。
特に、「永遠のヘボスイマー」である僕は、相変わらずスイムトレーニングが課題です。


ちょっと前に、スイムトレーニング用に脚の浮きやすい水着「ボヤンシーショーツ
dhbボヤンシーショーツ 履いた姿背面
を導入した話を書きました(スイムトレーニングの最終秘密兵器を投入、、、「ボヤンシーショーツ」は良く浮きますよ~参照)。
以前の水着よりも脚が浮きやすいので、水中での良い姿勢のイメージが分かって重宝しています。


でも、この「ボヤンシーショーツ」、本来は水着の上に重ねて着用して使うものらしいです。「ボヤンシーショーツ」を履いた状態でつかんだ良い姿勢のイメージを持ったまま、次は水着だけで泳いでもそのイメージで泳げるように練習するらしいです。先日の僕の投稿を見た方々からのありがたいアドバイスです。

スポンサーリンク



.以前使っていた水着も穴が開いてしまったので、新しい水着の購入です。
これまでプール用に使っていた水着は、いつも丈が長めでひざ上くらいまである「スパッツタイプ」でした。
一方、スイムトレーニング用には丈がもっと短い「ボックスタイプ」というのもあるようです。
「ボックスタイプ」は、「スパッツタイプ」に比べ、履くのも楽で、脚も動かしやすいとのこと。また丈が短い分、使用する生地も少ない為か価格もリーズナブル。トレーニング用の水着は消耗品なので助かります。


今までは、この丈の短さが何となく気恥ずかしかったのですが、「ボヤンシーショーツ」の下に「スパッツタイプ」だと、何か窮屈かなと思い、今回は「ボックスタイプ」デビューすることにしました。


ネットで調べてみると、アリーナやスピード等、いくつかのメーカーが「ボックスタイプ」の水着を出しています。
何故か、どこも妙に派手な絵柄のものが多いです。控えめな僕としては、「こんなの着るかっ?」って突っ込みたくなるようなけばけばしいデザインも多いです。...あれ、何でなんですかねえ。


ということで、「冒険できない永遠のコンサバ野郎」の僕が選んだのは、コチラ。
speedo メンズトレインボックス エンデュランスJ Stack logo collection
speedo メンズトレインボックス①


どうですか!この超無難なデザイン。黒地をベースに黄色のロゴ。黄色はレースやトレーニング用のウエアやグッズ類で良く使っているので、コーディネートしておきました。
そして背面もこんなに地味!
speedo メンズトレインボックス②


これなら、プールの端で誰に見とがめられることもなくひっそりとトレーニング出来ますねえ(笑)。黒
生地は、「エンデュランスJ」という素材を使っています。
speedo メンズトレインボックス③
これは、ポリエステル100%と比べると、塩素に対する耐久性があり、かつ高い伸縮性も兼ね備えていて泳ぎやすいとの事です。


生地が少ない分、コンパクトになるのでバックへの収納にもイイですね。


早速プールで使用しましたが、脱ぎ履きが楽だし、脚も動かしやすいです。
今シーズンのスイムトレは、この「speedo メンズトレインボックス エンデュランスJ Stack logo collection」と、「ボヤンシーショーツ」のコンビで頑張ります!






※「speedo メンズトレインボックス エンデュランスJ Stack logo collection」は、こちら。



最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply