FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



今月から新年度に突入し、トライアスロンシーズンもいよいよ本格化。


さあ~、スイムやバイクに気合い入れていくぞ!


...と、思っていましたが、ふたを開けてみると


4月のトレーニング実績は、
スイム:4.90km(前年差▲10.13㎞) 
バイク:112.50km(前年差▲147.99㎞) 
ラン:110.15km(前年差▲8.96㎞) 
筋トレ:5回 1h49'


トレーニング記録 2018.4

スポンサーリンク



何とも、「ダメダメ」な1ヵ月でした。


月初から泊りの出張。その後、チョイチョイ飲み会が続き、中盤には1週間の長期出張。
出張から帰ってきて、「さあ~、気合い入れていくぞ~!」とトレーニングを再開した矢先、悲劇は突然訪れました。


週末に草津の自宅に帰り、家の片づけをしていたら、何か、腰が「重い」というか「だるい」というか、何とも言えない違和感が...


うっ、これはヤバい!


そう、これは、恐怖のギックリ腰の前兆です。腰に弱点を抱える僕は、過去にもギックリ腰を何回もやらかしています。一番最初の時には椎間板ヘルニアにもなりました。(中年アスリートのボディケア~腰痛との闘い① 自力整体、、、他人に頼ってちゃダメですよ~参照)
今回は、過去の何回かの経験が活き、適切な対応ができました。完全に痛くなる前に横になって安静。風呂にゆっくりつかった後、入念な腰痛ストレッチで少し楽になりました。そして、いつもの「デサント コウノエベルト 」(中年アスリートのボディケア~腰痛との闘い②、、、サポーターよりも「コウノエベルト」~で痛みを防ぎます。この「コウノエベルト」、腰をサポートして痛みを緩和しつつ、正しい姿勢に矯正してくれる優れものです。腰痛にはおすすめですよ~。


お陰で今回は完全なギックリ腰には至らず、いわゆる「プチギックリ」で済みました。「コウノエベルト」をつければトレーニングもできないこともないですが、少し痛みはありました。ここで無理してシーズンを棒に振るのもいやなので、じっと我慢することにしました。完全に痛みが引くまでは、トレーニング本「体幹を鍛えれば腰痛は治せる」(中年アスリートのボディケア~腰痛との闘い③、、、「体幹を鍛えれば腰痛は治せる」~参照)のストレッチと体幹トレーニングメニューだけにしていたら、1週間で完全に痛みが引き、月末にやっとトレーニングを再開することが出来ました。


、、、しかし、なかなかトレーニングできませんね~。「ギックリ」も、今月は出張続きで飛行機や新幹線の移動で腰に負担のかかる姿勢が続いたからですかね~。そもそも、なかなか改善しない、「猫背」の姿勢がよく無いんですけどね。


そして、6/17の「びわ湖トライアスロン」までもう1ヶ月半しかありません。何とか腰も治ったし、来月は頑張ります!






※「デサント コウノエベルト」は、こちら。



※「体幹を鍛えれば腰痛は治せる」は、こちら。



最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply