FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



今週、近畿地方も梅雨入りしました。
雨降りの日は、もちろんライドはしないのですが、ライド中に急な天気の変化で思わぬ雨にたたられる時もあります。
今までも、銀の馬車道ライド(まっさんの男ひとり旅5~播州編その3 「銀の馬車道」、降雨につき不完全燃焼~参照)、宍粟ライド(まっさんの男ひとり旅⑱~播州編その13...初夏の新緑を味わいに「播磨の奥座敷」宍粟へ参照)でも途中から雨にやられ、散々な目にあいました。


そんな時は、今までは「パールイズミ」のウインドブレーカー(僕のバイクトレーニングの服装2~春、秋はレイヤード+レッグウォーマー~参照)でごまかしていました。所詮はウインドブレーカー、風は防げますが防水性は無いのでせいぜい気休め程度です。


やはり、雨降りにはちゃんとした防水性で対応しないといかんだろうということで、バイク用のレインジャケットを買うことにしました。
選択のポイントは、
防水性
 当然のことながら、これが重要。防水性は「耐水圧」という数値が目安になるようですが、自転車用には10,000㎜以上はあったほうが良いようです。
透湿性
 ライドしていれば当然汗をかきます。この汗を外に出す度合いの数値が「透湿度」。この透湿度が低いと、ジャケットの中で蒸れて不快です。透湿度は最低でも10,000g/㎡/24h、できれば20,000g/㎡/24hはあったほうが良いようです。
携帯性
 ライド中のいつ降るかわからない雨への対応なので、軽くてコンパクトにたため、いつでも気軽に持ち運べる携帯性も必須です。
価格
 そんなに頻繁に着用するわけでもないですから、あまり高価なものはもったいないです。高くても1万円未満にはおさめたいところです。


「防水、透湿」っていうとすぐに思い浮かべるのが「ゴアテックス」素材。僕も、ゴアテックス素材のレインウエアは持っていて、釣りに行ったときなどに使っていますが、これが結構嵩張るし重いので、ライド用には不向きです。自転車用のゴアテックス素材のジャケットもあるようですが、結構値段が高いので、手が届きません。

スポンサーリンク



海外通販「WIggle」で検索したら、「Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット」というジャケットが、上記の4つのポイントにマッチしました。


耐水圧15,000㎜、透湿度20,000g/㎡/24hは、防水性、透湿性とも合格。軽量でスタッフバッグに収納可能との事なので、携帯性も合格。価格も日本円で6,878円とリーズナブル。さらに、カラーラインナップの一つにライムグリーンがあり、僕の愛車「CAAD10」にもバッチリ。、、、、もう迷わずポチリです。


数日後、自宅に届きました。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 届いた


開けると、こんな感じ。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 拡げた


ライド姿勢でもしっかりお尻をカバーするように、後ろの裾は長くなっています。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 後ろの裾が長い


生地は透け透け。レースの際にレースナンバーが見えるようにしているそうです。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 透けている


襟には薄いパッドが入っています。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 襟に薄いパッド


ファスナーを締めた上からしっかりカバーされ、雨の侵入を防ぎます。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット ファスナーの上のカバー


袖口、裾口、ロゴ等には、反射性のある素材を使い、雨の日でも視認性を高めています。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 反射性の素材


縫い目もしっかり目止めされているので水の侵入の心配なしです。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 縫い目の目止め


付属のスタッフバッグにコンパクトに収納できます。これなら、ジャージのポケットにも余裕で入ります。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット スタッフバッグに収納


着てみるとこんな感じ。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 着た 前から
ストレッチ性のある素材なので、着易いです。
因みに、僕は身長178㎝、胸囲94㎝ですが、Sサイズでジャストフィットです。


後ろから見るとこんな感じ。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 着た 後ろから


ライド姿勢でも、しっかりお尻が隠れます。
Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット 着た ライド姿勢


なかなか良い買い物しました。
雨降り時にどれくらいの力を発揮してくれるか、楽しみです!
、、、、でも、雨にはあいたくないですけどね(笑)。






※「Endura - FS260 Pro Adrenaline Race ジャケット」は、コチラ。








最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply