FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



最近、新しく買った折りたたみ自転車「RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 TRIPLE(ウルトラライト7 トリプル)」の話が続いています。
(①バイクの選定⇒折りたたみ自転車「ルノーウルトラライト7トリプル」をゲット
(②組み立て、防犯登録、初乗り⇒折りたたみ自転車「ルノーウルトラライト7トリプル」、試してみました!
(③カスタマイズ第一弾(街乗り仕様化)⇒折りたたみ自転車「ルノーウルトラライト7トリプル」をカスタマイズ①~まずは、初級編、街乗り必須アイテムの取り付け~
(④カスタマイズ第二弾(サドル高の調整)⇒折りたたみ自転車「ルノーウルトラライト7トリプル」をカスタマイズ②~サドル高を高く!~


今回は、カスタマイズ第三弾。
前回のハンドル高に続くポジション調整で、「ハンドル位置の調整」です。
前回、サドルの位置を決めたので、今回はそれを基にしてハンドルの高さと前後位置を調整します。
今回も、以前ロードバイクのポジションを調整した時の数値を参考にします。(自分でバイクのポジション調整参照)

スポンサーリンク



まずは、ハンドルの高さ。僕の場合、サドルとハンドルの適正落差は6~8㎝。今回は街乗り用なので、6㎝が理想と考えました。
前回、サドル高を70㎝に調整しましたが、サドル高はBBからサドルまでの長さ。この位置で、地面からサドルまでの高さを測ると92㎝あります。
一方、地面からハンドルの高さは規制線目いっぱいまで上げて85㎝。


なので、地面からサドル92㎝-地面からハンドル85㎝=7㎝。このままでも許容範囲です。


そして、高さと合わせて重要なのが、ハンドルの前後位置。これはサドルとの距離で決まり、僕の場合の理想値は54~56㎝。
これに対し、ハンドルとサドルの距離は46㎝。前回サドル位置を一番後ろに下げましたがそれでも全然足りません。


そこで、今回新たに購入したアイテムがこちら。左が「ハンドルポジションチェンジャー」、右が「バーエンドバー付きハンドルグリップ」です。
ハンドルポジションチェンジャー、バーエンドバー付きハンドルグリップ


それでは、作業スタート。
まずは、「ハンドルポジションチェンジャー」の取り付けです。
僕が買ったのは、「SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー 」。
SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー


ハンドルバーをステムから外します。
ハンドルバーをステムから外す


次に、ステムに「SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー」を取り付けます。
ステムに「SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー」を取り付け


そして、「SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー」にハンドルバーを取り付けたら完成です。
「SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー」にハンドルバーを取り付け


「ハンドルポジションチェンジャー」の角度により、ハンドルの高さ、前後位置を調整できます。
今回は、高さは1㎝アップ、前後位置は5㎝アップできる角度にセットしました。
「ハンドルポジションチェンジャー」の角度調整


これにより、ハンドルの高さは86㎝になったので、サドルとの落差は6㎝。理想の高さになりました。
そして、ハンドルとサドルの距離は51㎝。理想値の54~56㎝に近づきました。


続いて、「バーエンドバー付きハンドルグリップ」の取り付けです。
僕が買ったのは、「PRUNUS マウンテンバイク用バーエンドバー付きハンドルグリップ」。
PRUNUS マウンテンバイク用バーエンドバー付きハンドルグリップ


新しいハンドルグリップの取り付けに必要なハンドルバーの長さを測り、ブレーキレバーの位置を調整します。
新しいハンドルグリップの取り付けに必要なハンドルバーの長さを測る


ブレーキレバーの位置を調整


旧ハンドルグリップを外します。
旧ハンドルグリップを外す


新ハンドルグリップのボルトを緩め、ハンドルバーに取り付けた後、再びボルトを締めたら完成です。
新ハンドルグリップを取り付け


ライディング中は、バーエンドの先端側を握れば、ハンドル・サドル間距離の理想値54~56㎝内に入ります。
これでハンドルのカスタマイズは完成。
ハンドルのカスタマイズ完成


これで、「ルノーウルトラライト7トリプル」のポジション調整は完了。
ルノーウルトラライト7トリプル ポジション調整完成


「CAAD10」と並べてみます。
ルノーウルトラライト7トリプル CAAD10と並べる


サドル高はほぼ同じ。
ルノーウルトラライト7トリプル CAAD10とサドル高を比較


ハンドルの高さもほぼ同じ。
ルノーウルトラライト7トリプル CAAD10とハンドル高を比較


サドルとハンドルの距離もまあまあ同じ。
ルノーウルトラライト7トリプル CAAD10とサドル、ハンドル距離を比較


なかなかの仕上がりです!


早速、走ってみました。
ルノーウルトラライト7トリプル ポジション調整した後に走った


これは良いですね~。ロードバイクとほぼ同様のポジション感覚でライドできます。
こいつ、小さいくせに意外と戦闘能力高いですよ。ギアは軽いので、自然と高ケイデンスで漕ぐことになります。毎日の通勤に使ったら、結構、良いトレーニングになるかも???です(笑)。






※「SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー」は、こちら。



※「PRUNUS マウンテンバイク用バーエンドバー付きハンドルグリップ」は、こちら。



※「RENAULT(ルノー) ULTRA LIGHT 7 TRIPLE(ウルトラライト7 トリプル)」は、こちら。


最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply