FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



広島に引っ越してきて、早や1ヶ月を過ぎました。


転勤、引っ越しをすると、住まいの周辺の環境や勤務時間、通勤時間等も変わり、それに応じて日々のトレーニングについてもアレンジが必要になります。
今回の場合は、以前姫路に住んでいた時に比べ、会社の始業時刻が早く、また住まいから会社までの距離も遠くなったので、朝のトレーニングに充てられる時間が短くなりました。また、夜の付き合いも多く、会社帰りのスイムトレーニングもなかなか出来ない状態です。また、仕事柄、広島の街を知る必要があり、休日は街中ウォッチングに出る必要があります。なので、以前よりも短い時間で効果の出せる、効率的なトレーニングメニューを考えないといけないですね。


そして、もう一つ困っているのが、アパートの防音問題。室内でのバイクトレーニング用に半年ほど前から、「ELITE VOLANO」というローラー台を導入しました(遂にローラー台を導入!...「ELITE VOLANO」がやってきた~!参照)。


これは、いわゆる「ダイレクトドライブ方式」と言われるタイプで3本ローラー台等のようにタイヤとローラーとの摩擦音がないので騒音は小さいです。また、以前の独身寮では、角部屋で隣室も空き部屋、更に真下が部屋ではなかったので、それほど防音対策に神経質にならず、百均で買った、「クッションジョイントマット」をローラー台の下に敷く程度で済みました。
ヴァーチャルライドゲーム「Zwift」も導入し、姫路の寮ではイイ感じで室内トレーニングが出来ました。(ヴァーチャルライドゲーム「Zwift」導入参照)


しかし、今回は両隣りも真下も部屋。結構、隣りの部屋の音が聞こえてきます。これは迂闊には室内トレーニングはできないなと思い、自粛していました。
でも、以前よりなかなかトレーニングに時間が取れなくなった今、効率的なトレーニングをする為にも、室内でのローラー台トレーニングは継続したいところです。


ELITE VOLANO」は、先ほども述べたように「ダイレクトドライブ方式」なのでタイヤとローラーとの摩擦音がなく、騒音は小さいです。しかし、この「ダイレクトドライブ方式」でも防げないのが、振動だそうです。ダイレクトドライブ部が回転すると振動が発生し、これが床や壁を伝わり、騒音となって周囲の部屋へ迷惑をかけてしまうそうです。

スポンサーリンク



ということで、今回はこの「ELITE VOLANO」の「振動による騒音」を防ぐ為の、「防振対策」です。


何か、良い方法はないものかと色々調べ、今回新たに購入したのがこちら。
上が「ALINCO(アルインコ) エクササイズ フロアマット EXP150」、下が「GROWTAC(グロータック) ブルカット2 」。
ブルカット2とエクササイズフロアマット


まずは、「GROWTAC(グロータック) ブルカット2 」。1セット2個入りです。
ブルカット2


ELITE VOLANO」は設置点が3ヶ所あるので、1個余ってしまいますが2セット買いました。
ブルカット2 2セット


これは、室内トレーナー専用に開発された、高性能防振パッドです。2種類のスポンジ、金属板、滑り止め用のゴムパッドの4層構造になっています。
ブルカット2 4層構造


これにより25~50km/hの振動を平均72%除去してくれるそうです。
ブルカット2 説明書


確かにこのスポンジ、このクッション性ならよく振動を吸収してくれそうです。
ブルカット2 クッション性


因みに、「ブルカット2」は、防振を目的としたもので騒音を減らすものではないそうです。(詳細は、ブルカット 公式HP


公式HPでは、「負荷ユニットを床に設置するタイプの室内トレーナーには使用出来ません。」と書いていますが、複数の方のブログやレビューなどを見ると、「ELITE VOLANO」でも使っている例があるようなので、思い切って買ってみました。


もう一つが、「ALINCO(アルインコ) エクササイズ フロアマット EXP150」。
アルインコエクササイズフロアマット


トレーニングマシーンやヨガ、ストレッチ等のエクササイズに最適なフロアマットとして、保護、静音、制振に定評があります。
アルインコエクササイズフロアマット 説明書


サイズは、幅900㎜×長さ1500㎜。表面には滑り止め加工も施しています。
アルインコエクササイズフロアマット 広げた


厚さは約9㎜。しっかりとした厚さですね~。
アルインコエクササイズフロアマット クッション性


それでは、セッティングです。


今回は、念には念を入れた作戦で行きます。
まず、段ボールを2枚重ねて敷きます。
防音・防振対策 段ボールを敷く


その上に「ALINCO(アルインコ) エクササイズフロアマット」を敷きます。
防音・防振対策 段ボールの上にエクササイズフロアマットを敷く


段ボールの上に、「クッションジョイントマット」を敷きます。
防音・防振対策 エクササイズフロアマットの上にクッションジョイントマットを敷く


更に、「GROWTAC(グロータック) ブルカット2」を置きます。
防音・防振対策 クッションジョイントマットの上にブルカット2を置く


この上に、バイクをセットした「ELITE VOLANO」を置いてみます。
防音・防振対策 ELITE VOLANOを置いてみる①


当たり前ですが、このままでは前輪のほうの高さが低いので、「クッションジョイントマット」を3枚重ねて、前輪の下に敷きます。汗受けのビニルシートも忘れずに。
防音・防振対策 完成


これで完成!
隣りや階下の部屋から騒音や振動を確認できるわけもないので、効果のほどは分かりませんが、当面は、早朝や深夜は避け、様子を見ながら試してみようと思います。






※「GROWTAC(グロータック) ブルカット2」は、こちら。



※「ALINCO(アルインコ) エクササイズ フロアマット EXP150」は、こちら。



※「ELITE VOLANO」は、こちら。



最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply