FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



9月に入り、いよいよマラソントレーニング開始です!


目下、「サブ3.5」を目指している僕ですが、この3シーズンはいずれも失敗。
特に49歳だった昨年は、「40代でサブ3.5」のラストチャレンジってことで3本勝負で臨みましたが、悲願達成ならず。(目指せ、「サブ3.5」!⑭、、、今シーズン第1戦、「福知山マラソン」 、 目指せ、「サブ3.5」! 目指せ、「サブ3.5」!⑰、、、今シーズン第2戦、「加古川マラソン」 、 目指せ、「サブ3.5」! 目指せ、「サブ3.5」!⑱...今シーズン最終戦「篠山ABCマラソン」、果たして結果は?参照)


ということで、今年はめげずに、「50歳でサブ3.5」チャレンジです!
昨シーズンは。小出監督の教本「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)
30キロ過ぎで一番速く走るマラソン
をバイブルにしてトレーニングに臨みました。(目指せ、「サブ3.5!」⑨~マラソン教本「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン」参照)
なかなかスパルタな内容でしたが、お陰様で大分走力も上がり、第2戦の「加古川マラソン」では、グロスで3h31’34”ネットでは3h30’33”と、あと一歩で悲願達成というところまで近づけました。

スポンサーリンク



さて今年はどうしようか?
6月に姫路から広島へ転勤して以来、仕事やらなんやらで、以前と比べてトレーニングに当てられる時間が少なくなりました。
昨年効果のあった「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン」のトレーニングでも良いのですが、ちょっとあのメニューの量をこなせる時間が取れそうもありません。


そこで、思いついたのが、以前バイブルとしていた、岩本能史さんの教本「あなたも3時間30分が切れる―岩本流マラソントレーニング
あなたも3時間30分が切れる
です。(目指せ、「サブ3.5」!⑦~マラソントレーニングバイブルその2「あなたも3時間30分が切れる」~参照)
このトレーニングの特徴は、週末の「峠走」。峠のアップダウン15~28㎞で、平地を30㎞以上走るのと同等の効果を得られます。また、スピードトレーニングは週1回の「15㎞ビルドアップ走」のみ。あとは、つなぎのジョグです。非常に効率的で効果も感じられたのですが、このトレーニングを試したときは滋賀の自宅でのトレーニングで、残念ながら家の近所に丁度良い峠道がなくうまくトレーニングに組み込めませんでした。


しかし、今住んでいる広島のアパート周辺には、いくつか山があります。先日も峠を走る良いトレーニングコースを開拓しました。(峠RUN...新規コース開拓。「海がだめなら山がある!」
この「岩本流」なら、今の生活にマッチしていそうです。、、、ってことで、今シーズンの師匠は、再び岩本能史さんに決まり!


そして、今回新たに買ったトレーニング本が、「限界突破マラソン練習帳 「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニュー」です。
限界突破マラソン練習帳


定評のある「岩本流」のトレーニングで、「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」の目標別に10週間のトレーニングメニューが組まれています。


星取り式で達成度がわかるようにしたり、基本メニューがこなせない週向けのアレンジメニューも用意しています。
ネタばれになってしまうので中身は見せられませんが、裏表紙の帯のところに一例が出ています。
限界突破マラソン練習帳 裏表紙の帯


「岩本流」は、岩本さんの自らの経験による、「市民ランナー目線」で組み立てたメニュー。世界の頂点で争う一流選手の為のメソッドとは違います。その主な特徴を上げると、以下の通り。
①基本は1週間でポイント練習は2回(スピード練習1回、ロング練習1回)。あとはつなぎのジョグ。
②スピード練習のメインは「15㎞ビルドアップ(5㎞毎にアップ)」、ロング練習のメインは「峠走」。
③大切なのは「距離」ではなく「練習の中身」。一度に走る距離は月間走行距離の6分の1まで(6分の1ルール)
④練習前は動的ストレッチのみ。ウォーミングアップ、静的ストレッチは不要。


多くのマラソンコーチが推奨しているトレーニング方法とは少し違う、独自のメニューです。


そして、この本を手にしたのが、8月の最終週。この時点で、「おかやまマラソン」まであと11週間です。これならぎりぎり「10週間トレーニング」に間に合います!そして、どうせ、仕事やら飲み会やらでメニュー通りできない週も出てくるだろうと考え、フライングですが早速11週前からメニューを開始しました。


1周めの最初のポイント練習は、15㎞ビルドアップ(5㎞毎に27’00”⇒26’00”⇒25’00”)。楽勝かと思っていたら、意外にも中盤からペースが上がらず、最後の2㎞は失速。、、、やはり、脚がナマっています。
そして、2つ目のポイント練習がペース走90分(5’30”/㎞)。「さすがにこれは楽勝だろう」と思いましたが、後半20分でやはり失速。
、、、これは重症です。先が思いやられます。


、、、まあ、例年涼しくなってくると、自然とペースも上がってくるので、サボらずに頑張れば調子は戻ってくるでしょう。


因みに、今シーズンのフルマラソンの出場予定は今のところ、「おかやまマラソン」のみ。昨シーズンは「40代ラストチャンス」ってことで、3本勝負で臨みましたが、今年はこの1本勝負に集中します!この本の中でも、「レースは狙いを絞って年間1~2回」というようなことを述べています。、、、、ってか、本音は仕事やなんやらでバタバタ忙しくて、あまりレースに出れそうもないからなんですけどね。


特にこの秋は、仕事関係でちょっと山場があるので、トレーニングに時間を割くのが難しそう。例年だと、この時期はラン、バイク、スイムとバランスよくトレーニングしているのですが、今年は「おかやまマラソン」までは限られた時間をランに集中しようと思います!






※「限界突破マラソン練習帳」は、こちら。



※「あなたも3時間30分が切れる―岩本流マラソントレーニング」は、こちら。



※「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法」は。こちら。


最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply