FC2ブログ

まっさん

まっさん

スポンサーリンク



今年のマラソンシーズンに向けてのトレーニングを開始して1ヶ月経ちました。


今年は、岩本能史さん著の「限界突破マラソン練習帳 「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニュー
限界突破マラソン練習帳
のトレーニングメニューで悲願の「サブ3.5」を目指しています。(目指せ、「サブ3.5}!⑲...今シーズンは「限界突破マラソン練習帳」で頑張ります!参照)


岩本さんのトレーニング本は、過去にも「あなたも3時間30分が切れる―岩本流マラソントレーニング
あなたも3時間30分が切れる
を読んだことがありますが、岩本さんが紹介する理論やメソッドは独自ながらもいちいち納得させられるものもあり、大変参考になります。(目指せ、「サブ3.5」!⑦~マラソントレーニングバイブルその2「あなたも3時間30分が切れる」~参照)

スポンサーリンク



そこで、今回、もう一冊、岩本さんの本を読んでみました。
それが、「型破り マラソン攻略法 必ず自己ベストを更新できる! (朝日新書)」です。
型破り マラソン攻略法


発刊順で言うと、「あなたも3時間30分が切れる」が2009年6月、「型破り マラソン攻略法」が2015年2月、「限界突破マラソン練習帳」が2016年10月なので、「限界突破マラソン練習帳」とほぼ同時期の著作です。


帯部分に書いてあるキーワードを拾っただけでも、

「ストレッチは禁止、腹筋はローラーで鍛えよ」
「30㎞走はムダ、「峠走」で走力アップ!」
「ランナー体質」は3週間で出来上がる
「初心者でも厚底シューズで走るな」
「レース前日のマッサージは減菌!」
「朝食はゴールの5時間前に摂るべし」
「3日続けて休むな、「覚悟」をつくれ」
「脳が発するウソの信号に気をつけろ」
「「滑り止めレース」に自己ベストなし」


型破り マラソン攻略法の帯部分


、、、なかなか「型破り」です。


岩本さんが重視するのは「ラン反射」。それは、「地面を蹴ろう」という意思ではなく、反射で足首を伸ばし、地面を押すことによりランニングの推進力にするというものです。
この「ラン反射」を意識したランニングフォームの主なポイントが
①左右の肩甲骨を寄せる
②肘は後ろに引くのではなく横にスイングする
③骨盤を前傾させる
④体の真下に着地する(つま先着地でもかかと着地でもよい)
⑤1軸でも2軸でもなく、X軸の軌跡を描くように走る


この「ラン反射」を活かした速い動きを活かす為、スローペースのLSDトレーニング、厚底でふわふわのシューズの着用、ランニング前のストレッチ等を否定しています。更に「ラン反射」を鍛えるのに効果的なのが「峠走」の下り坂だそうです。


そして、いわゆる「30キロの壁」にも触れています。「30㎞の壁」の原因の一つは「エネルギーの枯渇」。それを防ぐにはレース前もレース中もエネルギーをしっかり摂る必要があります。また、30キロ過ぎ辺りから、心拍数が上がる「ドリフト現象」が発生し、無酸素運動に変わっていきます。こうなると糖質を無理に代謝してしまい疲労感が一段と増してしまうそうです。この無酸素運動を乗り越える力をつけるのに有効なのが、「15キロビルドアップ」と「峠走」の上り坂というわけです。


あまり書くとネタバレになってしまうので、この辺にしておきますが、他にも「目からウロコ」の理論が満載です。
「限界突破マラソン練習帳」は具体的なトレーニングメニューの紹介が中心でしたが、この「型破り マラソン攻略法」でランニングフォームや各トレーニングメニューの理論、背景等を理解するという意味で、この2作はセットで読むと良いと思います。






※「型破り マラソン攻略法 必ず自己ベストを更新できる! (朝日新書)」は、こちら。



※「限界突破マラソン練習帳 「サブ4」「サブ3.5」「サブ315」「サブ3」書き込み式10週間完全メニュー」は、こちら。



※「あなたも3時間30分が切れる―岩本流マラソントレーニング」は、こちら。



最後までお読み戴き、ありがとうございました。
1クリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓





フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません。
↓↓↓↓
            
              
              
                

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

                
                
                

最新情報をお届けします

              
            
                        
              
                

Twitterでマラソン野郎、「トライアスロンやろう!」をフォローしよう!

                                                
   
follow us in feedly






関連記事

スポンサーリンク

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply